なぜ、美容師は「一流」をめざさないのか

とんでもない。
めざしてます、一流。
一日も早く一流の美容師になって、
お客さまに喜んでいただきたい。
美容師ならみんな、そう思っています。
ですよね。
だけど美容師が考える「一流」と、
お客さまが考える「一流」との間には、
広くて深い河があること、ご存知ですか。

美容師が考える「一流」。
それはまず豊かな個性と鋭い感性。
それを卓越した技術で表現することができる人。
もちろんお客さまを美しくするために。
そう考えていませんか。

ところがお客様が考える「一流の美容師」は違うのです。
美容師は個性豊かじゃなくても、感性が鋭くなくてもいい。
求めるのはただひとつ
私のイメージを理解してくれること。
そのうえで私の望むヘアスタイルをつくってくれること。
それだけ。

技術は必要です。
だけどその技術を、お客さまのために発揮するには、
人のここをを知る努力が必要なのです。
「自由に発想した自分のイメージを、
磨き抜いた技術でお客さまに提供する」ではありません。
お客さまが望むものを聞き出し、
理解し、共有したうえで施術を始める。
つまりお客さまのこころと向きあう訓練。
それが本当の「一流」への第一歩。
まずお客さまとのコミュニケーションギャップの存在を、
認識すること。

トミーズ・スター新人研修は、
その認識を共有することを大切に考えています。